親の病気、行方不明、離婚、虐待など、
様々な理由で親と暮らせない子どもたちは、
現在日本に4万人ほどいます。
そしてその約80%は乳児院や児童養護施設で生活しています。

そんな子どもたちが、地域の一般家庭で育っていけるように
手助けをするのが 里親制度 です。

公益社団法人 家庭養護促進協会は、
民間の児童福祉団体です。

昭和37年より神戸で、昭和39年より大阪で
新聞社やラジオ放送局、
多くの一般の方々の協力を得て
子どもたちに里親・養親を求める
愛の手運動 を続けています。

これまで、この運動を通して
2,480人の子どもたちが里親・養親の家庭に迎えられました。
(2019年3月末)

このサイトでは、神戸事務所を通して出会った
里親、養親、季節・週末里親、
その家庭で成長した子どもたちの話をご紹介していきます。


*神戸事務所
*大阪事務所
*あかし里親センター
*法人情報公開ページ